コールセンターの特徴について

コールセンターがあります。これは、全国各地に存在する施設でもあります。その生い立ちは様々です。テレマーケティングが普及した80年代末期~90年代にかけては、それを目的として作られた施設もありますし、通販会社から独立して誕生したコールセンターもあります。そして、サービスの一環として半ば独立した状態のコールセンターと言うものもあります。とにもかくにも、コールセンターと言う施設は人員の数が重要と言うことですね。

テレマーケティングの性質上、オペレーターは質だけではありません。その一方で、基本的に「電話回線」と「データベース」、「システム」、「端末」さえあれば成立する施設と言えます。ですから、必ずしも首都圏内にある必要はないとも言えます。そういった事情もあって、コールセンターは比較的に郊外や地方に多く見受けられます。そんな施設となっています。特に、北海道とか沖縄と言った所には、数多く存在していると言います。人件費、事務所の賃料が安価で済むと言う理由も大きいと思います。(笑顔)。

このような背景もあり、特に沖縄県ではコールセンターの誘致が盛んだと言います。県側も積極的にコールセンターの設立に取り組んでいると言うことです。(笑顔)そんなこともあってか、企業側も沖縄に進出しやすいと言う状況が生まれています。※「沖縄県マルチメディアアイランド構想」などの成果もありました。それで現在沖縄の情報通信関連産業は全国でも有数の部門となっています。(笑顔)